フジイの活動フォトギャラリー



初めてのカンガルー島は春先の花が咲き乱れる自然の宝庫、抜群の環境で感激。また、ミツバチに病気発生が無く、本当に安全で安心できる島であると確認。この件は今後継続して検証していきたいそれにしても人が少なくミツバチの環境がよい。


カンガルー島は1885年州政府によって、ミツバチ保護区として法律で制定されました。現在でミツバチの病気等の感染を防ぐために、ミツバチのあらゆる生産物、花粉、養蜂器具に至るまで、島への持ち込みは禁止されています。
アデレードの南西に位置するカンガルー島は、総面積4,430平方kmというオーストラリアで3番目に大きな島で東京都の約2倍の大きさです。本島から離れていたため、開発や外来種による影響を受けなかったことが幸いし、オーストラリア独自の貴重な動植物の宝庫となっています。豊かで美しい自然も大きな魅力で、島内には1つの国立公園と23の自然保護区が点在しています。島内には約890種の固有植物が生息し、そのうち250種は既に知られている植物です。春から夏(8〜11月)にかけてはこれらのワイルド・フラワーが咲き乱れ、島の景観に色を添えてくれます。
カンガルー島2008
飛行機から
カンガルー島2008
カンガルー島2008 生産部長確認 カンガルー島2008
カンガルー島2008
カンガルー島2008
カンガルー島2008
カンガルー島2008
カンガルー島2008
マロン(ザリガニ)
カンガルー島2008
カンガルー島2008
カンガルー島2008
カンガルー島2008
 
カンガルー島2008
カンガルー島2008
カンガルー島2008
カンガルー島2008
フェリー港
カンガルー島2008
バタフライアイランド
 
   


Copyright(C) Fujii Bee Farm All rights Reserved.